社名ネーミング変更の極意イメージ

当サイトについて

当サイト『社名ネーミング変更の極意』は特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。

『社名ネーミング変更の極意』の文章や画像等の無断転載、複製・配布等は固くお断りいたします。

このページの内容もしくはリンク先で発生した賠償・苦情・損害等のトラブル、また当サイトで知り得た情報に対して、何らかの障害等が発生しても一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:掛詞

掛詞もネーミングのテクニックとして、しばしばあらゆるメディアで取り上げられるようになりました。 あまり私たちに馴染みのない言葉ですが、掛詞は和歌で用いられる修辞技法の一種ですから、学校で一度は習っている言葉です。 ちなみに、今流行りの「かけことば」は、「掛け言葉」と書き、「○○とかけて、▲▲ととく。そのこころは?」という言葉遊びのことであり、ネーミングのテクニックとして用いる掛詞とは内容が違いますのでご注意ください。 さて、掛詞ですが、例を挙げてみましょう。 六歌仙の一人で数々の有名で女性らしい和歌を残した女流歌人、小野小町の和歌「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」が掛詞の学習に頻繁に用いられています。 この歌では「ふる」が「降る」と「経る」の意味に、「な・・・・

ページの先頭へ戻る