社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

接頭語

社名変更に接頭語を使うだけでも、元々の社名のイメージを一新することが可能です。

接頭語とは、接辞の一種で、単語の前について意味を強調させたり、別の意味を持たせたりする語句のことで、単独で使われることはありません。

例えば、「新」という語句。

これは、単独で使う語句ではなく、単語の前につくことで活躍する語句です。

「幹線」につければ「新幹線」。

「発売」につけると「新発売」。

「戦力」につけると「新戦力」となります。

「新」の一字を加えることで、その後に続く単語の示すものや状況が「新しいのだな」と理解できます。

他にも「反」という語句。

「反政府」や「反体制」という言葉になると、「反対しているのだな」と分かります。

「超」をつけると「すごいもの」という意味になり「急」をつけると「急いでいる」という意味になりイメージが伝わりやすくなります。

大幅な社名変更をしたくない場合でも、接頭語を一文字加えるだけで、聞き手が覚える印象も変わってきます。

例えば、「やまだ建設」という社名を変更するために、「新やまだ建設」とすると、社長や社員はそのままに、会社の中身が変わったのだという印象を受けるでしょう。

英語の接頭語は、「un~」や「in~」、「dis~」で反対の意味の言葉を作り出します。

日本語で言うと、「反」や「非」がこれにあたります。

「re~」で繰り返しや再びという意味を、「ex~」で外へという意味を作ります。

また、「com~」で共にという意味。

「anti~」で反対するという意味を作ります。

社名変更は、その会社にとって、非常に大きな分岐点となります。

ですから、冒険することが難しい、怖いといった場合に、接頭語をつけることで少しだけ社名を変えることで、イメージを変えつつ前のイメージを保つことが出来るため、自社で社名変更を行う会社で用いられることの多いテクニックとなっています。

社名変更ではなく、創業時に接頭語を敢えて用いることもあります。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:語呂合わせ

語呂合わせとは、文字を他の文字に置き換えて意味を持たせる言葉遊びのひとつで、語呂合わせもネーミングのテクニックの一つに数えられます。 センスの良い語呂合わせのネーミングは、覚えやすく聞きやすく、印象に・・・・

ページの先頭へ戻る