社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

ネーミングの記憶性

いかにして会社の名前を覚えてもらえるのか。

これはどのような会社であっても思い悩むところです。

大企業ともなると勝てば官軍。

テレビCMや雑誌の広告掲載などで商品を見ただけで会社の名前が思い浮かぶようになりますが、中小の企業にとって、ましてやネットショップなど小規模個人経営の会社にとっては、ネーミングに持たせる記憶性については、永遠の課題といってもよいでしょう。

特にネットショップにおいては、ショッピングサイトで多くの人が検索するのは「商品名」です。

ですから、同じ商品を取り扱うショップが100あれば、100のネットショップの中からショップの名前を覚えてもらわなければ次の購買へは繋がっていきません。

一度限りの顧客を獲得するには、価格で勝負すれば簡単でしょう。

その後で丁寧な顧客対応や梱包、迅速な発送でいくら差別化を図ろうと努力しても、まずは数あるネットショップの中から選んでもらわなければ取引は始まらないのです。

ビジネスの経験が無い人でもお店を開けるとあって、ネットショップは夢の実現に一役買ってくれる舞台です。

しかし、同じことを考える人はたくさんいるわけで、世の中甘くないと実感している人もまた多いことも事実です。

では、どうしたらリピーターを取り込めるか。

それは、ショップのサービスもさることながら、ショップの名前を記憶してもらうことです。

「お気に入りショップ」に入れてもらえば良いということではありません。

すべての人が総合的なショッピングサイトを利用しているとは限らず、検索サイトからホームページを訪れる人も多いのです。

ですから、まずは覚えてもらいやすいシンプルでインパクトのあるネーミングを優先させましょう。

ネットショップでは、そのままショップの名前が最強の営業マンです。

ネットショップだからと軽く考えるのではなく、ネーミングの記憶性という観点からは、むしろ重要視するべきなのです。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:社名の国際性

国際化という言葉はすでに古い言葉となってしまったのでしょうか。 あまり聞かなくなった気がします。 それほどまでに、日本に外国人がいるのは当たり前。 日本人が外国に行くのも当たり前。 そして、ビジネスに・・・・

ページの先頭へ戻る