社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

ネーミングの意味性

「この社名にはどんな意味が込められているのだろう?」という印象を与えることが出来れば、それは興味を持ってもらったという証ですからとても喜ばしいことです。

「どう読むのだろう?」と「どんな意味があるのだろう?」では、興味の度合いが違うのです。

最も理想的なネーミングは、5Iルールを全て満たしたネーミングですが、短い文字数の中で全部を表現することはなかなかに難しいことです。

しかし、叶わないからといって、5Iルールを捨ててしまって良いということではありません。

特に企業理念や営業方針など、ネーミングに込めたい意味を短い言葉で表すことは難しいと思われます。

ですが、ひと目で伝わらなくても意味を込めることは大切です。

機能ばかりを重視して、実は無意味な社名に社員が愛着を持つはずもないのです。

また、「どういう意味があってこの言葉なのですか?」と尋ねられた時、「意味はありません」と答えることは、会社全体の価値を著しく落としてしまうことは明らかです。

意味を込めることが難しいと感じたら、「想いを込める」と考えてみると良いのではないでしょうか。

こう発展していきたい。

このように社会に貢献したい。

このような社風を目指したいなど。

社名変更に思い至った理由を考えてみると、どのような想いをこめるべきかはすぐに分かるはずです。

ネーミングをしっかりと考え始めると、「この響きの方が格好良い」とか「横文字でないと」とか、様々な想いが出てきて、当初の社名変更の目的を忘れてしまいがちです。

見た目ばかりを重視したり、横文字にこだわり過ぎたりと、ネーミングの本来の目的がどこかに行ってしまうようなアイデアしか浮かばなくなります。

横道に逸れるとはまさにこのことで、一旦横道にそれてしまうと最後までそれに気がつかないということにもなりかねません。

ですから、5Iルールをしっかりと基本に据えて、そこからアイデアを採用するという姿勢を貫くことが大切です。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:ネーミングの耐久性

ネーミングの「耐久性」というと、いったい何のことかと思われてしまいそうですが、つまりは、「持続するネーミングかどうか」ということです。 「ある会社が社名変更を思い立った時、ある言葉が流行語となり、巷で・・・・

ページの先頭へ戻る