社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

社名の国際性

国際化という言葉はすでに古い言葉となってしまったのでしょうか。

あまり聞かなくなった気がします。

それほどまでに、日本に外国人がいるのは当たり前。

日本人が外国に行くのも当たり前。

そして、ビジネスにおいても、他国と取引を行うことは当然で、他国に企業の本拠地を構えることも当然という時代になってきたのでしょう。

社名変更を実行した企業の中には、国際化を意識して社名変更に踏み切った会社も数多く見られます。

世界に通用するネーミングは英語を基本に開発します。

日本人と世界の人々との価値観は違いますから、日本語でインパクトがあろうと、読みやすいネーミングであろうと、世界の人々に対しては通じません。

5Iルールが通用しないのかというとそうではなく、5Iルールはそのままに、世界の人々に覚えてもらえるようなネーミングを意識する必要があるのです。

また、一生懸命考えたネーミングでも、国際化を意識するならば主要言語での意味をしっかりとチェックしておくことが大切です。

同じ発音でまったく逆の意味を持つことがあるからです。

一方では常識的な言葉でも、一方では非難を浴びるようでは企業の価値を落とすことになってしまいます。

また、商標登録のチェックを日本国内はもちろんのこと、世界での商標登録に切り替える必要があります。

日本国内では商標権を得られた社名でも、世界に出ると使えないことは珍しくありません。

このようなことを総合的に考えると、英語に精通していて、政界情勢や各国の文化に詳しい人でないと、真に国際的といえるネーミングを作ることは難しいと思います。

ですから、社名変更で世界進出を考えるのであれば、ネーミングのプロにネーミングの作成を依頼することを強くお勧めします。

世界に通用するネーミングの作成はもちろん、世界レベルでの商標調査やアンケート調査などを依頼することが出来るため、間違いがなく企業の負担も少なくなるからです。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:語呂合わせ

語呂合わせとは、文字を他の文字に置き換えて意味を持たせる言葉遊びのひとつで、語呂合わせもネーミングのテクニックの一つに数えられます。 センスの良い語呂合わせのネーミングは、覚えやすく聞きやすく、印象に・・・・

ページの先頭へ戻る