社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

ネーミングのインパクト

印象に残る会社の名前は、消費者にとって商品を選ぶ時の基準になります。

信頼が増すからです。

一度使ってとても良かったのでもう一度買いたいと思っても、商品名や社名が思い出せないのでは、外観で判断するしかありません。

しかし、同じ機能を持った商品であれば、似たような外観になることは当然で、違う商品を手にとっても気付かないこともあるでしょう。

まして、同じ商品を取り扱う小売店や、同じ業種のサービス業など、消費者に買ってもらいたいもの・求めてもらいたいものが特定の商品やサービスに限らない場合、ネーミングが持つインパクトは重要な意味を持ちます。

インパクトのあるネーミングを作るコツは、誰の真似ではない、独自のアイデアを出すことです。

かといって、インパクトはあっても会社の価値を落とすようなネーミングは良いネーミングとはいえません。

インパクトをどこに持たせるのかも大切です。

語感に持たせるのか、見た目に持たせるのか。

読み方に持たせるのか。

消費者の「耳」「目」「口」のどれか一つにでも印象を残すネーミングを考えたいものです。

聞いてインパクトがあるネーミングとは、濁音や破裂音の組み合わせや回文や語呂合わせを使ったネーミングです。

目で見て印象に残るネーミングとは、カタカナや漢字・ひらがな・アルファベット(他言語)を上手に組み合わせたネーミングです。

先に例に出した「やまだ建設」や「山田建設」がこれにあたります。

発音が印象的なネーミングとは、濁音や破裂音を上手く組み合わせたネーミングや、日本語ではない発音が面白いネーミングです。

このように、インパクトを持たせる対象を決めるとアイデアも浮かびやすいのではないかと思います。

インパクトを持たせることで注意したいのが、狙い過ぎないということです。

こだわりすぎるあまり、耐久性のないネーミングになってしまったのでは本末転倒です。

すべてのバランスが大切ということを覚えておきましょう。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:ネーミングの記憶性

いかにして会社の名前を覚えてもらえるのか。 これはどのような会社であっても思い悩むところです。 大企業ともなると勝てば官軍。 テレビCMや雑誌の広告掲載などで商品を見ただけで会社の名前が思い浮かぶよう・・・・

ページの先頭へ戻る