社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

ネーミングの独自性

独自性とはオリジナリティと同義語です。

オリジナリティとは、個性があるかどうかということですから、ネーミングで他社と差別化を図るという目的においては重視すべきポイントとなります。

オリジナリティのある、独自性のある社名変更を叶えるには、とにかくひたすら考えることです。

アイデアを豊富に生み出すことです。

社名変更に類似表記が認められるようになったとはいえ、どこかの会社の真似をすれば、印象は強いかもしれませんが会社の価値を落とすことになりかねません。

もちろん、社名を真似て成功した例はたくさんあります。

しかし、真似をすることでオリジナリティを出すというテクニックは高度です。

失敗すると失笑を買うことになるかもしれません。

そして、独自性のあるネーミングは5Iルールの中では、Interest(インタレスト:興味)とImpression(インプレッション:印象)の要素が大切になります。

瞬間的には情報が伝わりにくいネーミングであっても、「どうしてそのような社名なのですか?」と興味を持ってもらえれば良いのです。

同じ業種の社名で、ネーミングに営業内容の伝達という機能を持たせようとすると、似たような社名になってしまうのは仕方のないことです。

しかし、紛らわしい社名というのは、覚えてもらっているように思えても、他社との違いが伝わっていないということですから、覚えてもらっていないことと同じです。

ですから、無難に・・・と考えるのは結構なことですが、似たような社名の存在くらいは調べておきたいものです。

ネットショップの場合では、社名はホームページの至る所に頻出し、SEO対策の視点から考えても、ネーミングはネットショップを示す重要な位置にあるといえます。

独自性のあるネーミングであれば、SEO対策でも他社と差別化を図ることが出来るため、会社の規模の大小にかかわらず、ネーミングのオリジナリティは会社の価値を高める大切なポイントとなると言い切れるのです。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:擬音語

擬音語とは、物が発する音を文字で表したものです。 専門家によっては、擬音語と擬声語は分類が異なるとする意見もありますが、ここでは同じと考えて解説します。 擬音語には、「ギーギー」「ヒューヒュー」などが・・・・

ページの先頭へ戻る