社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

語呂合わせ

語呂合わせとは、文字を他の文字に置き換えて意味を持たせる言葉遊びのひとつで、語呂合わせもネーミングのテクニックの一つに数えられます。

センスの良い語呂合わせのネーミングは、覚えやすく聞きやすく、印象に残りやすいという特徴があります。

ただし、語呂合わせばかりを意識してネーミングを作成すると、印象の強さを意識して長いネーミングになってしまったり、流行を追い過ぎて耐久性がなくなったりという失敗をしてしまいますので注意してください。

また、ユニークな印象が強くなるため、高級なイメージを出そうとするネーミングには不向きです。

歴史の授業で、年号を覚える時、必ずどこの学校でも塾でも、語呂合わせを使って年号を勉強した経験をお持ちのことと思います。

「794年:な(7)く(9)よ(4)うぐいす平安京」「1192年:い(1)い(1)く(9)に(2)つくろう鎌倉幕府」など、一生忘れないという人も多いのではないでしょうか。

数学や化学でも語呂合わせを使うことがあります。

企業の電話番号を覚えてもらうために、電話番号の数字の羅列を語呂合わせにすることもあります。

4けたで、「4946」を「よ(4)く(9)知(4)ろう(6)」、「3741」を「皆(37)よい(41)」などです。

語呂合わせをすることで、電話番号が覚えやすくなり、携帯電話を持たない年配の方に特に指示されているということです。

このように、語呂合わせは私たちの脳に強烈な記憶を残します。

ただし、それは美しい語呂合わせだけであって、意味がないどころか無理があり失笑を買ってしまうような語呂合わせでは、脳は記憶しようともしません。

ですから、企業の顔となるネーミングに語呂合わせを使う場合には、自己満足のネーミングで終わるのではなく、他者からの評価をたくさんに受けることが大切です。

そして、企業のイメージに沿っているか、情報を積んだ有用なネーミングであるかをもう一度確認しましょう。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:接頭語

社名変更に接頭語を使うだけでも、元々の社名のイメージを一新することが可能です。 接頭語とは、接辞の一種で、単語の前について意味を強調させたり、別の意味を持たせたりする語句のことで、単独で使われることは・・・・

ページの先頭へ戻る