社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

擬人化

ヒット商品のネーミングに用いられることの多い擬人化も修辞技法のひとつです。

人ではない物体や動物を人格化し、読み手にまるで人が語っているかのように親近感を抱かせるテクニックで、現代でも頻繁に使われています。

「歴史は語る」という言葉を聞いても違和感を覚えることはないと思います。

しかし、実際には歴史には口があるわけではないので語ることは出来ません。

「風が頬をなでる」という表現もリアリティがあり素敵な言い回しですが、現実には「なでる」という行為は人間に特定されたものです。

このように、あたかも人間であるかのように表現することで、親近感はもちろんのこと、柔らかさやリアリティを与えることも出来るのです。

ネーミングの世界での擬人化は、商品や企業名を人に例えて表現します。

会社のコンセプトや情報をそのまま伝えるのでは堅苦しい印象を与える場合などに使われています。

また、擬人化で作成されたネーミングはオリジナリティが高く、商標登録しやすいといった特徴があります。

ネーミングに用いられる事が多いのは、社名の頭に「ドクター」や「ミスター」、「ミス」「ミセス」などと敬称をつけたもの。

社名に具体的な人の名や偉人の名を取り入れたもの。

社名の後ろに「先生」「職人」「達人」など職業をつけたもの。

同じく社名の後ろに「姫」「大王」などの地位をつけたもの。

さらに、社名の後ろに「君」や「ちゃん」「マン」と敬称をつけたものとなります。

住宅のリフォームを主な営業内容とする会社であれば、社名にリフォームを入れただけではシンプルすぎてアットホームな印象を与えられないので、「ミスター」+「リフォーム」+「達人」と擬人化を駆使したネーミングに社名変更してみるとどうでしょうか。

リフォームの技術が高く、親近感の増すネーミングとなりました。

このようにして、擬人化を用いてネーミングのイメージを大きく変えることが出来るテクニックもあります。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:ネーミングの独自性

独自性とはオリジナリティと同義語です。 オリジナリティとは、個性があるかどうかということですから、ネーミングで他社と差別化を図るという目的においては重視すべきポイントとなります。 オリジナリティのある・・・・

ページの先頭へ戻る