社名ネーミング変更の極意イメージ

社名ネーミング変更の極意

アナグラム

アナグラムを使ったネーミングにはセンスが光ります。

アナグラムは言葉遊びのひとつで、単語や文中の文字を並び替えることで、まったく別の意味を持つ単語や文を作り出す遊びのことです。

日本ではまだ馴染みが薄いのですが、イギリスやアメリカでは伝統的な言葉遊びとして、大人から子供まで広く親しまれている遊びです。

アメリカでは、脳科学の観点からリハビリにも取り入れられています。

アナグラムの例として分かりやすい単語が「STOP」で、並び替えると「POST」になり、「TOPS」、「SPOT」にもなります。

たった4文字のアルファベットが並び替えることによって4つの意味を持つようになるのです。

他にも、少々強引ですが、「Christmas(クリスマス)」という単語から、「Trims Cash(現金をすり減らす)」という言葉を作り出すことが出来ます。

日本語のアナグラムとして、タレントの「タモリ」は、「もりた」という名字をアナグラムした芸名として有名です。

他にも、女優の「ともさかりえ」が「さかもとりえ」として歌手活動を行っていたこともよく知られています。

ネーミングに取り入れるにはアナグラムに慣れていないといけませんが、アナグラムを自動で作ってくれるツールがネット上にたくさん公開されていますので、そのような便利ツールを利用してもよいでしょう。

その中からキラリとセンスの光るアナグラムを使ったネーミングが見つかるかもしれません。

英語のアナグラムの他に、日本語のアナグラムを作ることが出来るツールも増えてきています。

更に5Iルールが適用できれば、社名のネーミングとして理想的です。

社名にアナグラムを用いている例としては、ジーンズで有名な「EDWIN」があります。

「DENIM」という単語を並び替えた社名で、最後の文字「M」を「N」に変えるというテクニックも重ねて使われていることが分かります。

また、日本のソフトウェア会社の「アリカ」は、社長の「あきら(AKIRA)」という名前を並び替えたアナグラムと言われています。

社名ネーミング変更の極意区切り線

社名ネーミング変更の極意は、ネーミングについて解説しています。

社名ネーミング変更の極意Pick!:回文

回文とはその漢字からも分かるように、上から読んでも下から読んでもまったく同じ言葉となる文章や単語のことです。 「たけやぶやけた」も回文です。 「留守になにする?」も一見普通の文章のようですが回文です。・・・・

ページの先頭へ戻る